ジェイ・エスさせぼのサービス

haike haike

ZEH ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のことを言います。高断熱・高効率設備の住まいで省エネ性能を上げ、太陽光発電などで自宅で使うエネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指すものです。

経産省は「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標としています。つまりこれからの住宅の標準仕様が「ZEH」なのです。

ZEHの主な設備

1.省エネ設備 断熱・気密性能を高める建材や通風採光性を高める工法で室内温度を年中快適に保つ
2.創エネ設備 太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)でエネルギーを創る
3.蓄エネ設備 蓄電池や最近では電気自動車などを活用
4.HEMS 家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム

ZEHの家は一般的な住まいと比べて初期費用が多少かかります。しかし長期的な視点で光熱費などのコストを比較すること、補助金を活用できることを考えるとお得になる場があります。そしてなにより環境に優しいことが大きなポイントです。